TASTE OF THE BLACK

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
| comments(14) | - | - |
 映画「告白」感想
続きを読む >>
| comments(7) | - | Movie |
 2010年7月の読書メーター
読んだ本の数:16冊
読んだページ数:4721ページ
続きを読む >>
| comments(0) | - | Book |
 最初の方の謎解きは解答聞いてもすっきりしない!
って思ったことが多かったけれど
ストーリーがすすむうちに慣れてきてコツが掴めました。

でも解説はもっと詳細があるといいなぁ。

本編の謎解きよりミニゲームの方が燃えました。
部屋作りが楽しい!

特筆すべきは音楽ですね。
音楽は本当何時間聞いても耳触りにならなくてよかった!

グラフィックも綺麗。

第二弾もやりたい!!
| comments(0) | - | game |
---
スクウェア・エニックス
¥ 5,399
(2005-12-22)

 ファイナルミックスでやればよかったー!

それぞれのワールドのストーリーは1より良くなったけれど
1よりスクエア色が強くて、説明不足な感じ。

「相棒との別れ」を楽しみにやってたらファイナルミックス限定で呆然。
| comments(0) | - | game |
---
GPミュージアムソフト
¥ 400
(2009-05-25)

 正直面白くない。

でも、出演者もノーギャラで、観客にも代価を要求しないと考えれば
妥当な映画だなぁと。

文化祭のノリでつくった映画ですね。
当人たちが楽しんで映画を作れたなら、目標達成。

しかしなぜこれを公共の電波に乗せたのか。
| comments(0) | - | Movie |
<ようこそおちこぼれカレッジ>

 深夜映画でやっていて
何気なく見ていたら結局最後まで見てしまった。

彼らが正しいとは思わない。
でも現行の教育が良いとも思わない。

思うに、基本は今の教育を貫くしかないのだと思う。

でも一部の人が彼らの様に世の中に選択肢を提供してくれることが
何よりも貴く、賛辞すべきことだなぁと感じた。
| comments(0) | - | Movie |
---
ウォルトディズニースタジオホームエンターテイメント
¥ 2,080
(2007-11-14)

 最後はハッピーエンドだったけれど
あのお店に来た人はシェフの正体を知っているかが気になる…!

ごはんの話だから見たらお腹空いちゃうかなぁと思ってましたが
さすがピクサーさん。
鼠がリアルで食欲は感じませんでした。
| comments(0) | - | Movie |
 ゲリラ豪雨初体験の中読んでしまいました。
空を切り裂く雷鳴と叩きつける雨音の中、
筆者の淡々とした文章を読んでいると、
ふと背筋がぞくり。

先祖代々伝わる巻物をこっそりと読んだような、
湖の奥底にたたえられた深水に触れたような
そんな気分でした。

あれが丹生の都というものか。

澄んだ草壁の視点も良いけれど
最後の鸕野讃良皇女視点での語りが
この物語の深さを増しているなぁ思います。

梨木さん後書きで殺したんでしょうねと
さらっと書いていましたが
愛憎の入り混じった母の心情を読み解くには
まだまだ私自身の経験が足りないなと感じました。
| comments(0) | - | Book |
有川 浩
メディアワークス
¥ 1,680
(2004-10-30)

 空に未知なる巨大生物が浮いている、
という使い古されてしまってネタにしか感じられない様な物語の起こり。
しかしその事象を凄くリアルに真剣に描いて、
全くネタ臭く感じない作品に仕上げる作者の力量といったら!

正直言ってクジラの彼で舐めてました。
また一人凄い作家さんに出会えて幸せです。

世界観の奥行深さに脱帽。

巻末の作者紹介で主婦をなさっていることを初めて知りました。
主婦業の傍らこの世界観を築けるとは、
ただただ驚くばかりです。

クジラの彼読み返したくなりました。
| comments(0) | - | Book |
| 1/11 | >>
Recommend
世界でいちばん美しい景色のはなし
世界でいちばん美しい景色のはなし (JUGEMレビュー »)
中村 しげき,清水 麻里
自分の大事な人に読んでもらいたい。
やさしいやさしい。
Recommend
TOKYO NOBODY―中野正貴写真集
TOKYO NOBODY―中野正貴写真集 (JUGEMレビュー »)
中野 正貴
誰もいない東京。
少し寂しくて、
そして息を呑むほど美しい。
Recommend
プラネテス (1)
プラネテス (1) (JUGEMレビュー »)
幸村 誠
宇宙と人生と愛について。
世界の全てを語った作品。
素晴らしすぎる。
Categories
Archives
Links
Profile
読書メーター
sajiさんの読書メーター